Seven☆Oceans2

03« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»05

6年ぶりの東京ライフをENJOYしている日々をご紹介!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

スポンサーサイト 

--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit ]

カテゴリ: スポンサー広告

cm / --tb / --   - page top -

懐かしい味「和菓子編」 

2008.06.20
Fri
15:06

こっちに帰ってからの楽しみの一つが、懐かしい季節を感じることができる食べ物を味わうことができること


母が上京した時に持ってきてくれたのが、お隣の和菓子屋さんの朝一番にできたてほやほや。

080613_193318_M.jpg
↑「水無月
これはお隣の和菓子屋さんのもので、「水無月=6月」よりも「水無月=和菓子」の方が幼いころからの印象で強い私。
このお店には、他にも黒糖外郎(ういろう)などもあるのですが、「小豆は悪魔払いの意味があって、△の形は暑気払いの氷の意味があるんやから・・・」っておばあちゃんに教えてもらってから、この水無月食べると「いいことあるかも」って。


080613_193344_M.jpg

↑少し遅いですが、には「柏餅」
やっぱり懐かしい味は、美味しいですね

080613_193335_M.jpg

↑「がらたて」
も大好きな、がらたての葉っぱで包まれたこの和菓子。実家辺りではポピュラーなので全国区かと思ってましたが、そうでもないようですね。


こちらは同じ町内の別の和菓子屋さんの名物!

080616_073815_M.jpg

↑「でっち羊羹」
この竹の皮に包んで蒸した「でっち羊羹」。
近江商人の地、滋賀で「でっち」と言えば「丁稚」。名前の由来は、昔、丁稚奉公から帰省中の丁稚が、ご主人への土産に買ったからだとか、丁稚でも買える値段だったからとか諸説あるみたいですね。

080616_152222_M.jpg

↑こちらもやっぱり懐かしい味なので、美味しい

どちらのお店でも、たまに帰省した時にのぞくと「あれっ、せっちゃん帰ってきたん?で、今はどこに居るの?」って。
が居ると「あんなぁ、おばちゃんあんたのとこのお母さんがおしめしてた頃から知ってんねんでぇ」って。
毎日早起きして、おじちゃん・おばちゃん・おばあちゃんらが一生懸命作っている懐かしい味の和菓子。いつまでもこの味が続くといいなぁ。。。


スポンサーサイト

edit ]

カテゴリ: お店(Food)

タグ: 和菓子、 
cm / 2    tb / 0   - page top -

この記事に対するコメント

やっぱり、
ドーナツもおいしいけれど、和菓子もおいしいよね~。
関東っ子の私は、やっぱり「がらたて」は知らないなぁ。
柏餅との差異は、いかに?
2008.06.22 13:05
URL | ねず #- [ edit ]
>ねずちゃん
そうそう「あんこ」にも弱い私達v-410

柏餅の皮の部分は、上新粉(米粉)に餅粉が1割くらいだけど、
がらたての皮の部分は、小麦粉に餅粉が混ざっているから、外の皮の食感が少し違うのと、葉っぱの匂いが蒸した時に残っているのよ。

2008.06.22 19:13
URL | Setsuko* #- [ edit ]

page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://sevenoceans2.blog25.fc2.com/tb.php/63-5ca44062
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。